外観検査を外注化するメリット

熟練検査員の確保

「熟練の検査員の確保」と言えど、簡単な事ではありません。

求人広告手配→採用→教育の段階を踏んで、ひとつひとつ教育・指導を繰り返し、検査員育成が不可欠です。私どものような検査専業の業者にアウトソースする事で、熟練検査員の早期確保が可能となります。

熟練外観検査員の確保が可能です

熟練の外観検査員が確保できます

検査(増産)スペースの確保

「工場にスペースが無く、検査スペースどころか増産もできない。。。」そんなお悩みはございませんか?検査を外注化する事で、既存の検査スペースを有効に活用頂けます。

新たなスペースの確保が可能です

新たなスペースの確保が可能です

検査コストの削減

検査専業ならではのノウハウでコストの削減が可能です。

専業のノウハウで検査コストの削減に貢献

専業のノウハウでコスト削減に貢献

変動する数量・日程に対応

外観検査・選別が必要な時だけスタッフやアルバイトを雇用すると、手間もコストもかかります。ましてや、入社したてのスタッフだと検査能力にも限界があり、コストばかりがかさみ利益にならない事も。。。自社ではミニマムの仕事量をこなせるだけのスタッフで対応→仕事量がオーバーした時にだけ外注する事で、変動的な数量・日程に対応可能となります。

固定費から流動費へ

検査員を自社雇用するとコストが固定費化(人件費)され、製品単体で利益がどの位出ているか?見えにくいものです。また、検査員の検査作業にムリ・ムラ・ムダがあった場合、更に見えにくくなります。

検査を外注化する事で「一個幾ら」の変動費化し、製品単体での利益が「見える化」され、早い経営判断の材料として頂けます。また、流動費化する事で、検査コストの総額も受注の数量に合わせて変動する為、仕事量の少ない時期の人的コストをロスカットできます。

都合に合わせた使い方で変動する数量・日程に対応

変動的な数量・日程にも対応

固定費を流動費に転換して不要な人件費をカット

流動費化で利益を「見える化」

管理コスト削減

自社で検査を行う場合、もちろん管理するスタッフが必要になります。採用〜教育〜シフト管理〜工程管理〜納期管理まで、実務・雑務も多岐に渡ります。外観検査を外注化する事で、今まで複数名で行っていた管理業務も最小限に抑えられ、管理手間(コスト)の削減が可能になります。

管理もアウトソースして管理コストを削減

手間な管理業務もカット

コア業務への集中

上記のように管理手間を削減する事で、スタッフの有効配置が可能です。今まで検査業務管理に振り回されていたスタッフ・場所などのリソースをコア業務に振り向けて頂き、自社リソースの最適化がはかれます。

優先度の高いコア業務に集中して頂けます

管理手間削減でコア業務にに専念